UXデザイナーの新卒1年目をUXの5階層で振り返る

はじめに

こんにちは!UXデザイナー歴2年目に突入した、みんなのウェディングUXデザイン部の高橋です。 4月に投稿しようと思っていましたが、気づけばすっかり5月になってしまいましたね。 この1年間で、弊社では事業的に大きな変動がありましたが、新卒1年目だった私も様々な仕事をしました。 そんな会社・個人ともに激動の1年間を通し、UXデザイナーとしての私はどうなったのか?をUXデザイナーならご存知の「UXの5階層」

に分類して振り返っていきます🌸

入社当初、上記のようなステータスからスタートです!

UXの5階層で振り返る新卒1年目

1年間でやった仕事を抜粋して大まかに5階層に分け、それらで得られた力を振り返っていきます。

表層

  - キャンペーンポスターの作成
  - LPの作成
  - コンセプトメイクサービスのテンプレート作成 
  など

もともとグラフィック系の勉強をしていたため、初期からビジュアル・グラフィックに関わる仕事は多めに回すことができました。 仕事の関係上、20代〜30代の女性をターゲットとしたグラフィックを制作することが多いのですが、今までそういうテイストのものを作る経験が少なかったため、この分野では デザインのバリエーションを増やす という方面へスキルを伸ばしていくことにしていました。 インプットとアウトプットを繰り返すことで、1年前に比べるとテイストの引き出しは増えたように思います。 この分野は順調だったので 獲得ポイント数は+2 です。

骨格

  - 各種サービスのUI開発
  - 弊社のデザインシステムの理解
  など

グラフィックに引き続き、2層目の骨格部分です。これは日頃使用している弊社サービスのデザインシステムを学ぶことを主軸としました。どういったUIがどの機能に使われているか?ということへの理解ですね。 1年前はユーザーと同じくらいだった理解度も、今ではしっかり上昇し改善案も出せるようになってきました。なので、 ポイント数はこちらも+2 です。

設計

  - ドレス探しサービスのコンテンツ整理
  など

IAやインタラクションに関する分野ですが、弊社はインタラクションなデザインがあまりないこと、 また手法や考え方を一から身につけなければならなかったため、仕事をうまく回せず、この分野は伸ばせませんでした。 ポイント数は+1 ほどでしょうか。情報の整理自体はとても興味のある分野なので、もう少し伸ばしたかったです。

要件

  - 各種社内で発生する案件のヒアリング
  など

各種プロジェクトオーナー・ディレクターなどからの案件のヒアリングという点でこの分野を考えました。最初の頃は案件に対して受け身でしたが、徐々にどういう課題があるのか、するべきことはなんなのかの洗い出しや手段の提案ができるようになりました。 伸び率という点で言うと、一番伸びた分野だと思います。 ということで、 ポイント数は+3! でもまだまだ伸ばせそうです。

戦略

  - ユーザーインタビュー
  - 競合サービスの分析、自社サービスの把握
  - 業界全体の把握
  - Google Analyticsでの軽微な数値検証
  など

元が業界全体に対して無知だったため、 結婚業界の状態、結婚式全体の流れ、ユーザーから見たサービス について大きな理解を得られました。またGoogle Analyticsの使い方など、具体的なスキルを身につけることもできました。 しかし数値から課題を見つけ、要件を確定させるほどの力は未だないため、 ポイント数は+2 です。

まとめると

1年目の終わりの私は、このようになりました。

スキル面でいうと、マークアップやソフトの扱いなどのアウトプットの技術は上昇しましたが、UXデザイナーとしての根本的な思考力の部分に不安がある状態です。

振り返りから考える新卒2年目

こうして自己分析を経た結果、5階層の中でも自分に足りない力・より伸ばしたい力が見えてきました。

足りない力

  • 要件
  • 構造

より伸ばしたい力

  • 骨格

足りない力はより下層のものとなっています。 出力する力がそれなりにあっても、課題を汲み取ってそれを整理したり、分析したりする力に欠けている と感じました。 出されたものをそのまま実装するだけでは、よりよいユーザー体験に貢献しているとはちょっと言い難いですね……。

なので、2年目の私はUXの5階層の下の方、 案件の上流により入り込み、課題解決手段のクオリティアップができるUXデザイナーになりたい です。 そしてまず足りない力を伸ばすため、IA関連の書籍を読むことにしました。また、社内で上流に食い込めるように、オーナーとなり得る社員の方々へのコミュニケーションの仕方を少しずつ工夫しています。

さいごに

今回は有名な「UXの5階層」に沿って自己分析をすることで、必要な力は何で、自分の現状はどうなっているのか?がとてもわかりやすくなりました。

一口に"UXデザイナー"と言っても、5階層のどれに属するスキルが強いかは人それぞれで、それが個人の強みになっていくのだと思います。今はまだ「こういうデザイナーになりたい(はたまたデザイナー以外になりたい)」という最終目標も具体的に固まっていないため、この2年目の1年間を通して、「どの段階でより大きな力を発揮できるデザイナーになるか」を見極めていきたいです。

今後も花嫁・花婿に寄り添うサービスにするべく邁進していきますので、よろしくお願いします!