最近使い始めた開発支援系サービスの話

こんにちは。みんなのウェディングのエンジニアの@1syoです。
みんなのウェディング Advent Calendar 2017 - Qiita 11日目の記事です。

弊社ではGithubやCircleCIといった定番サービスは既に利用しています。 継続した開発プロセスの改善の一貫で最近導入した開発支援系サービスをご紹介しようと思います。

deppbot

定期的なbundle update にはtachikomaを利用していましたが、作者による開発終了宣言を受けてdeppbotに乗り換えました。 ChengelogやDiffをすぐに確認できるので破壊的変更の有無をすぐに確認できて便利です。

deppbot - Automated Security and Dependency Updates

SideCI

CircleCIでテスト実行する前に各種lintを実行してましたが、差分実行することが手間で常に全コードを対応にlintしていたため、古いコードに合わせてlintを緩くしていました。
SideCIはプルリクエスト毎にlintを実行できるので、私達に必要なlintは何かを議論して過去にとらわれない運用ができるようになりました。

弊社では以下のlintを有効にしています。

  • RuboCop
  • Brakeman
  • Rails Best Practices
  • Reek
  • ESLint
  • SCSS-Lint
  • HAML-Lint
  • Misspell

CI for Automated Code Review | SideCI

codecov

CircleCIで複数のコンテナを利用して並列でテストを実行していると継続してテストカバレッジを取得することが手間であったため導入しました。まだ導入したばかりで使いこなしていませんが、継続してテストカバレッジを見ながら継続してプロダクションコードの品質を改善したいと思います。

Codecov

弊社ではこれからもどんどん新しいサービスを導入して行きたいと思います。このサービス便利だよって情報お持ちの方は是非ご連絡ください!
みんなのウェディング Advent Calendar 201712日目は@koheisg さんの記事です。


みんなのウェディングでは、一緒に働く仲間を募集しています。
マネージド・サービスを利用しながらサクサクプロダクトを作りたいエンジニアの方はWantedlyからご連絡ください。または @1syo にご連絡ください。