「サービスを Ruby / Rails で成長させるためにやったこと(メドピア × みんなのウェディング) #medpeer_mwed」を開催しました。

みんなのウェディング、松久(@kamonegi1977) です。

去る 1月18日(木)に「サービスを Ruby / Rails で成長させるためにやったこと(メドピア × みんなのウェディング)」と題して、エンジニア向けの勉強会を開催しました。

この勉強会では、メドピア株式会社みんなのウェディングのエンジニアが、「サービスを Ruby / Rails で成長させるためにやったこと(メドピア × みんなのウェディング)」をテーマに、どうやってチームで開発力をつければいいのか?サービスの改善をどうやってスピーディーに行うのか?などのノウハウや知見を発表しました。


新卒がみんなのウェディングで
MobaSifをRailsに移行してみた - テーブル設計編 -(黒澤)

この発表のポイント

  • 2017年新卒エンジニアがデーターベースリファクタリングに挑戦した
  • どんな風にデータベースリファクタリングをしたのか?全体の流れをレポート
  • データー移行のスクリプトをどのように書くか?考えたこと
  • 発表スライド資料

Webpacker導入時におさえておきたい設定(メドピア株式会社/村上さん)

この発表のポイント

  • Webpacker の導入を検討している人の参考
  • 特にPlugin周りや、古いブラウザーに対応するためにはどうするのか?の設定
  • rails-ujs を Webpacker でも利用するための方法
  • 発表スライド資料

メドピアの輪読会(メドピア株式会社/佐藤さん)

この発表のポイント

  • 毎週決まった日時に輪読会をしている
  • 本に書いてあること以外も得られる(他メンバーの経験や見方など)
  • 会社の理解が必要(業務時間に実施したり、書籍代の負担など)
  • 発表スライド資料

Rails 移行のレキシ(松久)

この発表のポイント

歓談

ドリンクをメドピア株式会社にご提供いただきました。登壇者のへの質問や気になる点について聞いたりと、賑やかな感じでした。

今回は、移転して初めての主催のエンジニアリング勉強会でした。募集人数も少し手探りなところがあったり、歓談用のレイアウトはどうするべき?会場案内の誤字など至らぬ点が出てしまったかと思います。

今後も、多くの方に 1 つでも普段の業務に活かせる手がかりが残る勉強会を開催していきたいと考えています。引き続きよろしくお願いいたします。

これまでのエンジニア勉強会


みんなのウェディングでは、チーム開発が好きだ!という方や、エンジニア育成が大好きというエンジニアを募集しています。興味のある方は、Wantedlyからご連絡ください。または @kamonegi1977 に直接連絡いただいても大丈夫です。