TokyuRuby会議13で AbcSize についてLTしてきた

みんなのウェディング技術開発部の濱口(@jaru)です。
先日、TokyuRuby会議13でLTをしてきました。というわけで今回は、TokyuRuby会議について感じたことや、発表したLTについてまとめておこうと思います。

TokyuRuby会議とは

TokyuRuby会議とは Ruby に興味を持つエンジニアが集う Tokyu.rb 主催の LT 大会です。

特徴としては

  • 参加者がLT(5分)、美味しいお酒、美味しいご飯を持ち寄って開催されている
  • SUNTORY さんがスポンサーをしており、 プレモルは飲み放題 (来年からは分からないとのこと)
  • 抽選LTというものが存在しており、当日ぶっつけ本番でLTする可能性がある

です。プレモル飲み放題最高でした。

どうしてTokyuRuby会議でLTしようと思ったのか

実は僕はこれまでどこかで何かを発表するという経験がなく、初めてのLTでした。
しかし少し前から「そろそろ自分で何かを発信していきたい」「どこかでLTしたい」とは思っていて、今回たまたまTokyu Ruby会議でLTする機会に恵まれたので「よし、発表しよう」という感じでした。

実際にLTした内容

Jackthon5 が許さない AbcSize というタイトルでLTしてきました。

Jackthon 5 が許さない AbcSize from RyosukeHamaguchi

内容としては

  • どういう書き方をしていると AbcSize の閾値を超えてしまうのか
  • 閾値を超えてしまったら、どのように書き直すのが良いのか
  • AbcSize が大きくならないように、普段から何を意識すれば良いのか

という感じの内容でした。

弊社の研修には静的解析ツールについての研修があり、僕が担当していました。その際にちょっとだけ調べていた AbcSize に関する内容を今回発表しました。

発表中の Twitter 上での反応

TokyuRuby会議では #tqrk13 というハッシュタグで発表の内容や様子について実況されていました。その中から Jackthon5 が許さない AbcSize について呟かれていたもののいくつかを引っ張ってきました。

付き合い方が難しいですよね…。

閾値の設定をデフォルト(15)から onkcop 準拠(24)にしてからは、滅多に指摘されなくなりました。

めっちゃ分かります。弊社でも滅多に遭遇しませんが、たまにいます。

業務要件による厳しい縛りなど、よっぽどのことがない限りは「もう少し綺麗に書けますよ」というお告げだと思ってます。

デフォルト(15)から onkcop 準拠(24)に変更したことで、新しく追加するコードに対しては滅多に指摘されなくなりました。逆に指摘された時は「もう少し綺麗に書けますよ」というお告げだと思ってます。

実際にLTしてみて

発表中や Twitter での反応を見ていると、 AbcSize やその閾値で悩んでいる人は結構いるんだなと感じました。発表後に雑談していた人の中には、 AbcSize (とその他いくつかのルール)については指摘されないように rubocop を設定する gem を作ったなんて人もいました。
一方で AbcSize に文句を言う人は綺麗にコード書けないだけでは?みたいな人もいました。バランスが大事と言うか、付き合い方が難しいなと感じました。参加されていた Rubocop コミッターの @koic さんも「めっちゃメンテしてるから!!!」と熱がこもっていました。

おわりに

実際にLTしてみると

  • フィードバックもらえる
  • 共感もしてもらえる
  • 輪が広がる
  • みんな優しい

というわけで本当に参加してよかったなと思いました。

特にLTをして発信することで、フィードバックをもらって学びを得ることができるのは本当に良かったなと思いました。これまでは教えてもらって学ぶことの割合が多かったですが、やはり教えてもらうだけでは成長に限界がきます。これからは 自分から発信することで得られる学び というものが重要なのだなと改めて感じました。 というわけで、これからはもっといろんな場所での発表やLTなども頑張っていこうと思います。


みんなのウェディングでは、一緒に働く仲間を募集しています。
苦しみながらも AbcSize とうまく付き合っていきたい人、 AbcSize では極力苦しみたくない人、サントリーのプレモルが好きな人、それ以外の方でも興味のある方は、下記のURL からご連絡ください。
または 濱口 に直接ご連絡いただいても大丈夫です。

https://recruit.jobcan.jp/mwedcareer/show/b001/6049