「デザイナーLT&交流会(PIXTA×みんなのウェディング)」を開催しました。

こんにちは。みんなのウェディング UXデザイン部の家高です。

去る 2月24日(金)に「デザイナーLT&交流会(PIXTA×みんなのウェディング)渋谷開催 〜インハウスデザイナーの面白さ&タイヘンなこと〜」というイベントを開催しましたので、レポートをお届けします。

イベント概要

この勉強会では、PIXTAみんなのウェディングの2社のデザイナーが、「インハウスデザイナーの面白さ&タイヘンなこと」をテーマに、サービスの成長のために努力していること、実際の開発手法や改善事例、勉強方法などについて発表を行いました。


PIXTA

『受託業務から事業会社へ -入社直後にデザイナーが困ったこと- 』

高瀬和典さん

受託業務から事業会社に転職し感じた事(デザインについての考え方の変化、入社前にやっておけば良かった事など)についてお話いただきました。

発表スライド資料

『インハウスデザイナーの領域 〜課題発見から解決まで〜 』

髙井良美さん

無料素材機能について課題を発見し解決させた事例をお話いただきました。

発表スライド資料

みんなのウェディング

『デザイナーが3ヶ月間毎日続けてる勉強法と感じている変化』

家高秀樹

3ヶ月間毎日、色んなサービスを使いユーザー体験を言語化する事で、スキルアップにつながったという内容のお話をさせて頂きました。

発表スライド資料

『私がサービスデザイナーになった理由とチームで作るデザイン』

園田真紀子

みんなのウェディングでのデザイン制作のフローや、レビュー文化について発表しました。

発表スライド資料


パネルディスカッション

参加者から「施策の失敗談や成功談」や「グラフィックデザインのスキルアップ法」などについての質問がありました。


懇親会

懇親会では、多くの方に参加していただきました。デザイナー同士の意見交換や、登壇者への質問が多くされていました。


まとめ

今回「インハウスデザイナーの面白さ&タイヘンなこと」というテーマでのイベント開催で、

インハウスデザイナーならではの

  • 事業会社からの転職後の考え方の変化
  • 改善事例
  • 勉強法
  • 開発フローやレビュー文化

が聞けたのではないかと思いました。

登壇いただいた皆さん、お集まりいただいた皆さんありがとうございました!

みんなのウェディングでは、サービスの成長にもっともっと携わっていきたい!と考えている方や、0 からサービスを作りたい、チームでサービスをもっと成長させてみたいエンジニアやデザイナーを募集しております。ぜひ、お気軽にお話しましょう!