デザイナーLT&交流会(弁護士ドットコム×みんなのウェディング)を開催しました。

こんにちは。みんなのウェディング UXデザイン部の園田です。

9月30日(金)に、デザイナーLT&交流会(弁護士ドットコム×みんなのウェディング)〜ライフイベントに関わるサービスを開発するデザイナーの役割〜というイベントを開催しました。 このイベントのレポートをお届けします。

イベント概要

弁護士ドットコムみんなのウェディング各社2名ずつのデザイナーが 「ライフイベントに関わるサービスを開発するデザイナーの役割」をテーマに、実際の開発現場での取り組みなどについて発表しました。


まずは乾杯から和やかにスタート。偶然にも登壇者が全員女性!


弁護士ドットコム

『ユーザーカスタマーサポートへくるお問い合わせ削減PJTをしたお話』

横内美紀さん

発表資料のスライド

『ユーザーカスタマーサポートへくるお問い合わせ削減PJTをしたお話』について、実際にやった施策と、サイクル毎にどのように改善したか、詳細なポイントなどをお話いただきました。


『弁護士の価値を伝える工夫』

山本香織さん

弁護士に対する不安や誤解の原因が弁護士の認知不足だと気づき、その解決方法として弁護士サービスの認知拡大&啓蒙のためにやったことをお話いただきました。


みんなのウェディング

『新コンテンツの立ち上げに携わった話』

今泉歩美

発表資料のスライド

フォトウェディングの口コミコンテンツを作った時、デザイナーがサービス開発の一連の流れにどんな風に携わったかを、具体的なユーザーテストの例などとともに発表しました。


『みんなで取り組むデザインレビューのすすめ』

園田真紀子

発表資料のスライド

みんなのウェディングで行っているデザインレビューの説明や、 最近行っているエンジニア向けデザインレビュー勉強会の話をさせていただきました。


パネルディスカッション

参加者から「デザイナーが上流に興味をもったきっかけ」や「モチベーションの保ち方」などについての質問がありました。


まとめ

今回「ライフイベントに関わるサービスを開発するデザイナーの役割」というテーマでのイベント開催でしたが、 「本当に困ってるユーザーさんに向けられる」という特徴のあるサービス二社で、

  • ユーザーに寄り添う
  • チームでのコミニケーションを大切にする
  • その上で、いかに効率的にサイクルを回していくか?

と、各社工夫しながらサービス開発に取り組んでいることが印象的でした。

集合写真はみんなのウェディングの「M」のポーズで!

登壇いただいた皆さん、お集まりいただいた皆さんありがとうございました!


みんなのウェディングの勉強会に興味がある方は、11月2日(水)開催のイベントもぜひチェックしてみてください。

エンジニア勉強会(弁護士ドットコム×みんなのウェディング)ライフイベントメディアの成長を支える技術


みんなのウェディングではエンジニアやデザイナーを募集しております! こんな風にチームでサービスを作りたい方が居たら、ぜひお気軽にお話しましょう♪