「Railsを使ってサービスの成長を継続させるぞ!(FiNC×みんなのウェディング)」を開催しました。

みんなのウェディング、松久 です。

去る 2月15日(水)に「Railsを使ってサービスの成長を継続させるぞ!(FiNC×みんなのウェディング)」と題して、エンジニア向けの勉強会を開催しました。

この勉強会では、FiNCみんなのウェディングのエンジニアが、「Ruby/Railsを使ってサービスの成長を継続させる」をテーマに、Ruby や Rails といった技術的なこと、サービスの成長を継続させるためのチーム開発にまつわることについて発表を行いました。

togetter の「Railsを使ってサービスの成長を継続させるぞ!(FiNC×みんなのウェディング) まとめ」では、勉強会の雰囲気を感じとれるのではないかと思います。


サービスの成長を支えたRailsとマイクロサービス(@qsona)

FiNC、@qsonaさんより、Microservices(マイクロサービス)を利用したサービス開発についてお話いただきました。

この発表のポイント

  • 拡大するサービスを見据えて Microservices で開発をすることにした
  • APIが画面仕様に紐付きすぎないよう、種々の取り組みを進めている
  • 発表スライド資料

開発スピードの減速と再加速(@ken1flan)

みんなのウェディング、@ken1flanよりサービス開発成長の減速と再加速で何が起きたのか共有しました。

この発表のポイント

  • 長期にわたるサービス開発でできてきた技術的負債を返しながら開発をしている
  • コミットも増えてきて、開発が活発になってきたことがコミット数からもわかるようになった
  • 発表スライド資料

ウェルネスタイム

会場 / 懇親会の提供をしていただいた FiNC 様で行われる勉強会での定番「ウェルネスタイム」がありました。座ったままでいると筋肉が固まった状態になっています。体を動かすことで解消して、勉強会の後半に進みます!

FiNCでのOSSとのつきあい方(@ota42y)

FiNC、@ota42yさんより、OSSとの付き合い方についてお話いただきました。

この発表のポイント

  • 技術顧問の@willnet の元で週一で OSS の活動をしている
  • OSS にプルリクエストが取り込まれた。OSS の活動を通してコードリーディング力がついてきているのを感じている
  • 発表スライド資料

Rail移行を支えるコードレビュー(@kamonegi1977)

みんなのウェディング、@kamonegi1977より、コードレビューをする時にやっている事について共有しました。

この発表のポイント

  • Perl から Ruby への移行の時にレビューで学び合う環境ができた
  • 知らなかったことを知る機会が生まれてきている
  • 発表スライド資料

懇親会

懇親会の前に質疑応答を行いました。発表で聞けなかったこと、気になったことをまとめて聴く時間がとれたのではないかと思います。 懇親会では、多くの方に参加していただきました。エンジニア同士の意見交換や、発表者への質問が多くされていました。

今後も、多くの方に 1 つでも普段の業務に活かせる手がかりが残る勉強会を開催していきたいと考えています。


みんなのウェディングでは、サービスの成長をもっともっとやっていきたい!と考えている方や、0 からサービスを作りたい、チームでサービスをもっと成長させてみたいエンジニアやデザイナーを募集しております。ぜひ、お気軽にお話しましょう!

2月24日(金)には、「デザイナーLT&交流会(PIXTA×みんなのウェディング)渋谷開催」を開催予定です。ぜひ、ご参加ください!